シェービングをしよう

医療脱毛を受ける前には、前段階としてシェービングをしなければなりません。ところで、どれくらい剃ればいいのでしょうか。剃るタイミングはいつがいいのかなどここではそれらのことについてお話します。剃る深さ、剃るタイミングについては、病院ごとに指示が異なることがあるので注意が必要です。お医者さんの考え方やこれまでの症例、使っているマシンに合わせ、適切な指示があるはずなので事前に指示を仰ぎましょう。ここでは、一般的な方法について紹介いたします。シェービングは新しいカミソリを使い、前日までに終わらせておくのが一般的です。剃る深さは、深剃りする必要はありませんが、かといって皮膚表面からチクチク飛び出しているのも良くありません。ごく普通に剃ればよいでしょう。

カミソリの切れ味が悪いと肌に余計なダメージを与えてしまい、医療脱毛の施術のさいに強い赤みが出やすくなったり、場合によっては施術ができなくなってしまったりすることもあるので注意が必要です。さらに注意したいのは、カミソリで肌を傷つけてしまうこと。傷がついた部分は施術ができないので、気をつけたい点です。使うカミソリは、切れ味がよい、ガード付きのものがいいでしょう。肌が弱い場合には、電気シェービングを使うようにすすめられることもあります。

シェービングを前日までに終わらせておく理由は、肌を修復する時間を与えてコンディションを整えるため。いくら切れ味のよいカミソリを使ったとしても、カミソリが当たった肌はダメージを受けています。ダメージは寝ている間に修復されるもの。シェービングは前日までに済ませておきましょう。病院によってはシェービングサービスが付いていることもあるので、事前に尋ねてみましょう。シェービングサービスは別料金がかかることもあるので要チェックです。背中など、自分で剃れないところを施術するときには、シェービングサービス付きの病院を選んだ方がいいかもしれません。